2009年09月12日

エンジンオイル『SPIN』投入後1,000km雑感!

090912-1.jpg


エンジンオイル『SPIN』を投入後1ヶ月で約1,000km走行しましたので経過報告をしてみます。
この1,000kmでは2回ほど横浜−>箱根−>伊豆スカを走っております。

低フリクションオイルと聞いていましたが、吹け上がりの軽さは1,000km経過した今も継続しています。
反面パドル等を使ってシフトチェンジした際のエンジンブレーキ(もともとATなのでそれほどでもないのですが)、の効きが甘くなった気がしています。
高速道路の料金所などで5速から4速−>3速と落とした際に、エンジンブレーキ音が静かになっています。
もしかしたら音が静かになったことでそう感じているだけかもしれませんが・・・(苦笑)
ただ低フリクションオイルの場合こうした現象がリスクとして出るということも事実なようです。
090912-2.jpg
Photo by きゃんぞー

燃費ですがオイル粘度が今まで使用していたオイル(0W-40)より硬くなったので悪くなるかと思いましたが変わりませんでした。
もともと他の335の方より私の車は燃費が悪いようなので(苦笑)あまり気にはしていません(笑)
燃費は同じ車でもドライバーの右足でだいぶ変わってくるというのが私の持論です(爆)
M3オーナーがよく燃費が悪いといいますが、420馬力もある速い車に乗ったら誰しもが右足を制御しろといってもそれは無理なお話です。。。
先日の伊豆スカでも、某M3オーナーの方が燃費悪いとおっしゃってましたがあの走りをしたんじゃしょうがありませんよね、hさん(爆)
090912-3.jpg
Photo by きゃんぞー

そして最後に油温ですが8月の夜に伊豆スカを走行した際には335カブな方とほぼ同じ走行をして計測時点では10度近く違いました。
先週の、ターンパイク、伊豆スカ、天皇道路でも油温は安定して125度を超えることはありませんでした。
私をご存知の方はわかると思いますが”踏むときには踏む”そういう走り?!をした結果ですので良い方向ではないかと思っています(苦笑)
但し、フォグを外したクーリングキットの効果なのか、オイルの効果なのか又は相乗効果なのかは今となってはわかりません(汗)

このオイルの利用者の間では最高速度が上がったなんて話もあるのですが、そもそも私の車の最高速度っていったい何km出るのか知りませんし。。。(笑)
富士スピードウェイのストレートが後1km長ければ実測できるのでしょうが・・・・
ア○アサーキットにでも行ってきましょうかね?!
どなかたご一緒にいかがですか(笑)
しかし今はキャンバー角がついて、タイヤの接地面積が狭く直進安定性に欠けるのである速度域以上で走る直線が若干怖かったりしますが(爆汗)
先日も某R35 GT-Rについていこうとがんばりましたが途中で恐怖感を覚え断念しました。
そのときチラッと見た速度計は・・・(汗)
いずれにしてもスポーツ走行をしてみて油温等の状況を確認してみたいと思います。

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います TREview『BMW(車)』ブログランキング
人気ブログランキングへ TREview
posted by E90Life at 00:00 | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

魔法のオイルSPIN!

090812-1.jpg


先日ごく一部の間で魔法のエンジンオイルと呼ばれているSPINを入れてみました。
そもそも今回のお話は車好きの私のディーラー担当者からでした(笑)
そのお知り合いにSPINを扱うメーカーさんがおり是非BMWにも使用してみてほしいとのことでした。
はっきり言ってエンジンオイルとしては見たことも聞いたこともないメーカーで、フィーリングが合わなければドレンしてしまっても構わないとも言われていたことや、丁度オイル交換の時期でもあったために入れてみることにしました。
先方のメーカーさんでは交換作業ができないために、アクセスさんに無理言って作業をお願いしました。

以下はメーカー担当者から聞いてきた話をまとめたものです。
SPINはフジヤマというベンチャー企業が開発しているブランドで、もともとルアーフィッシング用のリールのベアリング専用オイル開発からスタートしているそうです。
私は釣りをやらないのでまったく知りませんでしたがその世界では結構有名だそうです。
その技術がラジコン、スポーツサイクルにまで及んでいるそうです。
2003年よりエンジンオイル開発のためにドラッグレース、WRCラリージャパンへ参戦してドラッグレースからは瞬発性、ラリーからは耐久性と相反するレースを選択し実車ベースでの開発を行ってきたそうです。
開発には某国立大学の研究職の方々も加わり本年度に製品化したそうです。

このエンジンオイルのうたい文句です。
『SPIN』が求め続けるものは、本来機械が持つ性能を可能な限り引き出すこと、また誰もが簡単にオイルチューニングを楽しめ、常に体感できる最高峰の潤滑剤であることです。
『SPIN』は常に最新のベースオイル・添加剤を駆使してオイルの性能を維持しております。
意味不明な内容物の説明はいたしません。

この最後の一行にある意味惚れました(笑)
まあいずれにしても入れてみた結果がすべてですから・・・

オイルはグリーンでした。粘度は10W50で現在のBMWの一般的なオイル粘度(0W40)からすると少し硬めです。
Mシリーズが標準10W60なので近いと思います。
090812-2.jpg


今まで使用していたものとはまったく異なるオイルなので、フィルターの中に残ったオイルもスポイトで吸い上げてもらいました。
入れた直後にアイドリング音が少し静かになったことは確認できました。
その後いつものようにオイル交換直後に感じる吹け上がりの軽さはあまり感じませんでした。
オイル粘度のせいでしょうか?!
吹け上がりの軽さは感じても瞬間だけですのであまり気にしていませんが(笑)
帰りの第三京浜で外気温34度のなか、普通に?!飛ばして帰りましたが油音がいつもより若干低めな気がしています。
まだ30km程度しか走っていませんのでなんともいえません。
300kmぐらいでオイルがなじんでくるらしいので今後改めて継続的にレビューしていきます。
なお当オイルは私の車のほか、2台のE92-M3にも入れることになっておりますのでそちらのレビューも参考にしたいと思います。
ただこのオイルにはひとつ大きな問題があります。定価としては5,500円/Lだそうです(滝汗)
まあ、あくまで定価ですので・・・

追記
オイルプロジェクトご賛同の方々へ。
今回急な話でこういうことになりましたがプロジェクトは引き続き進行願います♪

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います TREview『BMW(車)』ブログランキング
人気ブログランキングへ TREview
posted by E90Life at 00:00 | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

E90クーリングキット装着でWTCCルックに♪

7T7Q8944.jpg


先日はN54B30ツインターボエンジンの泣き所油温対策をBitteさんで施しました。
そもそものいきさつは6月12日のBlog『これからのBMWの顔』を参照してください。
今回のE90クーリングキットについてはBitte N氏のアドバイスもありとりあえずやってみようとのことでの試みでした。
まずは335のフロントバンパーと135のフロントバンパーのオイルクーラーへの冷却ダクトの開口部の比較です。
335は赤の四角部分がオイルクーラーへ、丸部分がブレーキへの冷却ダクトです。
090704-1.JPG


参考までに左側も
090704-2.JPG


135はフォグライトがないためにオイルクーラーへのダクトの開口部が広いです。
090704-3.JPG


作業は冷却ダクトを塞ぐフォグの撤去から開始です。
そもそも↓画像を見ていただければわかるのですが、オイルクーラーをもっと下にしてダクトからダイレクトに空気が当たるようにしたいところです。
ところがBMWはブレーキへの冷却ダクト(画像赤丸)を重視しているために、オイルクーラーの位置がダクトより上になっています。
なお通常フォグを外すとライトのワーニングエラーがでますが、私はフォグをHID化していてキャンセラーを使用していたためそのまま利用できエラー対策が不要でした。
090704-4.JPG


BitteのA君が型取りしながら工作室にこもってアルミ板を加工します。
もともとついていた純正のダクトにアルミ板で加工し大型のダクトにしました。
アルミ板は塗装すると飛石等で傷が目立つようになるとのことで、カッティングシートで黒くしてあります。
090704-7.JPG


文章で書くとあっという間なのですが、実際の作業は何もかも初めてで試行錯誤を繰り返しながら半日かかっています(^_^;)
いよいよ世界に一つのE90クーリングキットの完成です(笑)
開口部は標準の倍以上になっています。
090704-8.JPG


フォグのない黒いE90もTOP画像WTCCのE90を彷彿させます・・・違う?!(笑)
090704-9.JPG


右側のオイルクーラーへの冷却ダクトのアップです。
090704-10.JPG


左側はフォグを外した部分に目くら蓋をしています。ブレーキダクトだけは当然残されています。
090704-11.JPG


装着後湾岸線をサクっと飛ばして帰宅しましたが、今の時期同じような走りをして帰宅した場合120度くらいの油温が110度くらいで安定していました。
もう少し様子を見て改めてレビューしたいと思います。
これで社外の高額なオイルクーラーを購入しないで済めばうれしいなと・・・(笑)
このブログが気に入ったら投票(クリック)願います TREview『BMW(車)』ブログランキング

banner_01.gif TREview
posted by E90Life at 00:00 | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

ブーストUPしているあなたへ!

090105-1.JPG


135、335、X6のツインターボエンジンを何らかの方法によってブーストUPしている場合、使用頻度にもよりますが、純正のDVバルブ↑画像の内部にあるゴムが裂けてブーストが的確にかからなくおそれがあるそうです。
年末にGLADの☆名代表とお会いする機会があり、私が装着しているForge社のDVバルブについて色々と・・・
まず純正のDVバルブを調べたところ、VWターボ車乗りな間では有名な純正DVバルブの内部ゴムが裂けるという問題をもった同じものがBMWでも使用されているそうです(^_^;)
純正の内部を分解してみようと思いましたが、破壊しないとだめな仕組みになっていてもったいないのであきらめました(笑
VW車の場合、この部分当初は部品自体に問題があり今では対策品が使用されているようですが、ブーストUPしている車にはやはり不安が・・・
ですのでBMWでもまずはブーストアップしている車にはこの部分の強化が必要なようです。
調べてみるとこの部分に不具合が出た場合、アクセルを戻した際に純正DVバルブから異音がしてくるそうです(^_^;)
090105-2.JPG


誤解のないようにしていただきたいのですがノーマルな状態であれば、過度の走行を行っていない通常仕様であれば何ら問題ないはずです。
ただあくまで消耗品と思った方がよいでしょうね。
080830-2.JPG


Forge社のBMW用DVバルブはアルミ削りだしで純正と同じタイプの機構でできています。
ただ3種類のスプリング強度によってブーストのチューニングが可能になっています。
このスプリングは単純に強いものを使用すれば圧が強くかかるようになります。
私は当初真ん中のスプリングを使用していましたが、0-400mオフに参加する直前に一番強いタイプに交換していました(爆)
交換したあとはっきりと圧の強さ?!を体感できるようなことはありませんでした(^_^;)
この部分について☆名代表に質問したところ、現在装着テスト中で体感はやはりできなかったそうですがテスターにかけると数値は嘘つかなかったそうです(笑)
事実、某社のブーストをUPさせる装置を装着した車両でスプリングを強いものにしたところエンジン制御が入ることもあったそうです。
ブーストが規定数値より上がったということでしょうね(^_^;)

こんなForge社のDVバルブですがBMW用は今まで正規の代理店がなく並行で少量入荷していたようですが、やっと来月ぐらいからオリジナルに若干変更が加えられGLADさんから発売になるようです。

ブーストUPしているアナタ、すぐにどうこうなることはないと思いますが強化も大切ですよ(^_^;)

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 
posted by E90Life at 00:00 | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

秋の0-400大運動会を目前にして。。。

081031-1.JPG


いきなり24みたいな真っ暗な画面ですみません(汗)
このSP7(スポーツモード7)はかなりヤバイです(笑)

さて、11月2日は秋の大運動会『我こそは直線番長!!!オフ』です。
それに向けてというか定期的なメンテナンスによるオイル交換やタイヤ交換でアクセスさんにうかがった際に、N54ツインターボエンジンへの正式な適合がとれる前では有りましたが、悪魔の囁きによって自己責任のもとPIVOT 3-DRIVEなるものをお試し装着しました(汗)
名前が難しいので勝手にぴーぽ君と名付けてみました(笑)
他の4/6気筒エンジンはすでに適合OKなようです。
081031-2.JPG


簡単に言うとアクセル開度をあげるものでアクセルのツキが良くなります。
以前からあるHSB(ハイパー・スプリントブースター)TRECと基本的には同じ機能をするものです。
ですので間違いなく体感はできます。
今回のタイプにはスポーツモード(7段階)、ノーマルモード、エコモード(5段階)がコントローラーによって選択でき、今までのにはないエコモードというのが特徴でしょうか。
実際eco5(ecoモード最弱)とsp7(スポーツモード最強)では驚くような違いが有りました。
sp7からeco5にするとエンストするんじゃないかって言うような錯覚になるほどです(笑)
081031-3.JPG


以下メーカー公表のデータグラフです。(クリックすると拡大します)
【スポーツモード】                      【エコモード】
spmode.jpg ecomode.jpg

難しいグラフはさておき、いずれにしてもこうしたパーツは確かに体感できるのですが、エンジンのパワーが変わるわけではないので”実際どうなのよ”ってことで、秋の大運動会直前に装着して0-400のかけっこで数字を出してみることにしました。
eco5とsp7での数字を後日お知らせいたします(汗)
数字は嘘つきませんからね〜。。。。(爆)
ぴーぽ君の実力は如何に!!!

さて当日の予想を私ながらにしてみます。
ドルトさん経由で参加される車両を存じ上げないので知ってる範囲での勝手な想像とお考えください。
順当に行けばやはりM6がダントツかと。。。
それに立ち向かうチューンドALPINA B3 BITURBOやE92-M3 M-DCT、LEXUS-ISFという感じではないかと。。。
実は関東からは影のダークホースとしてM6に迫るんじゃないかという2台がこっそり参加します(爆)
1台はおそらく成田空港で開催された場合(けっしてそういうことはありませんが)入り口のセキュリティーチェックで入場できないE82-135(謎笑)
今回も飛行場ですが、ここはセキュリティーチェックがないので大丈夫そうですね、〇〇〇さん(爆)
あえて、赤い箱を外してE60時代から培ってきたアレで一本勝負に出るようです!!
目指せ10秒台(核爆)

そして、もう一台は某チューニングショップに入庫していて今夜?!ローダーで納車されるとの噂のあるランエボ]もとい、E90-323改(笑)
いやー、気合の入り方が半端じゃありません。
ただ心配なのは、この方の場合エラーが収まらず当日も満足に出走できなかったなんてことが若干心配だったりします(爆)
ナビや計器類が飛んでいくぐらいならかわいいものです(汗)

ご参加の皆さん、車を壊すことなく、タイムを気にすることなく楽しんで走りましょうね♪
東海の方々、小心者で控えめな私ですがどうぞ宜しくお願いいたしますっ♪
今からでも観戦は問題ないですので御都合のあう方は是非お越しください。少々遠いですが、ラッ〇さん(汗)

なお、以下最終確認事項ですので御一読ください。

【当日の注意事項】
http://airdellwings.seesaa.net/article/108647605.html
【入場について】
http://airdellwings.seesaa.net/article/108724180.html
【出走車種リスト】リスト+ALPINA B3 BITURBOになります。
http://airdellwings.seesaa.net/article/108661489.html

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います TREview『BMW(車)』ブログランキング

banner_01.gif TREview
posted by E90Life at 00:00 | Comment(40) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

人柱:テーマはやる気モードから強化整備へ!

080830-1.JPG


M3-CSLの発売もなくなり今の車をあと4年ちょっと乗ることになりそうなので、車に対するテーマを一時期盛り上がってた”やる気モード”から”強化整備”に切り替えました(笑)
3ヶ月待ってやっと入荷した英国Forge Motorsport社DV(ディバーター)バルブアクセスさんで装着しました。
これはN54エンジン135、335専用のものです!
DVバルブって何?!っていうのがほとんどの方の意見でしょう。
実はSSCUを装着してブーストアップしたためにタービン保護のことなども考えてブローオフバルブの装着を考えていました。
ただブローオフバルブはアクセルオフの際に余分なブースト圧をエンジン外部に放出(大気開放)するために例のシュー・スポーンのような音を発生します。
これが家庭的な問題や好青年な私のイメージに合わずNGでした(爆)
その時ググっていてみつけたのがこちらです。
これは余分な残圧を大気開放するのではなく別の通路に逃がします。
とにかくForge DVとかでググってみてください。
080830-2.JPG


人間の心臓にある弁も急激な運動や長い年月により劣化?!によって機能が落ちてくるものです。
もちろん私の車はまだ1年もたっていないので劣化が起こっていることはないでしょう。。。
強い血液が流れてきた際に動じない、劣化に強い、そういうイメージでこのバルブを考えていただければいいのではないでしょうか。。。
詳細な取り扱い説明はこちら。英文のPDFファイルですが(^_^;)

作業的にはエアクリボックス(私の場合ラムチャージャー)を外して2ヶ所にバルブを装着します。
付属のパイプを装着。時間的には30分から1時間程度と思われます。
080830-3.JPG


080830-4.JPG


装着時にちょっと問題が発生。。。
2つのバルブが走行時の振動で微妙に干渉しそうな感じです。金属同士が干渉するのもよろしくないので緩衝材をとりあえず当てて装着。
さらに純正エアクリなら問題がないのかも知れませんがラムチャージャーのボックスがかなり大きいのでこちらは確実にバルブと干渉してました(^_^;)
もちろんバルブは純正のエアクリを想定して作られていると思うのでそれは我慢です(笑)
そこにも緩衝材をあててしばらく様子を見てみます。
080830-5.JPG


で、装着して帰宅する際に感じたのはターボのレスポンスがよくなった感じ。。。(マジ笑)
アクセルのつきがいいというか。。。
体感的には速くなった?!(笑)
そういえば灼熱後は毎日ボロボに乗っていたせいもあるとは思いますが(爆)
帰りの第三京浜でのアクセルオン/オフで微妙なレスポンスを確認してました(^_^;)
まあ、個人的主観ですから。。。(^_^;)
誤解のないようにお願いしますが馬力が上がったりブーストが上がったりするパーツではありません。
タービン保護の保険?!とか純正ライクな強化バルブとでもお考えいただくのがよろしいかと。。。
135、335乗りなアナタ!
要検討かもしれませんよ・・・(笑)

P.S.
ところでコレどなたか装着された方いますか? 135、335の方やAUDIターボな方で。。。
実はバルブの中で機能するスプリングの強度が3種類あって使用感をうかがいたいのですが。。。
とりあえず真ん中のスプリングつけてますが。。。(^_^;)
やっぱりいなさそう。人柱で3種類のスプリングを交互に交換してみるかな。。。(^_^;)
大○保さん、よろしく(^_^;)


このブログが気に入ったら投票(クリック)願います TREview『BMW(車)』ブログランキング

banner_01.gif TREview
posted by E90Life at 00:00 | Comment(44) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

E9×各車種パワーチェック!

080526-10.JPG


昨日はE9×各車種を集めてのパワーチェックをスーパーオートバックス市川店にて行ってきました。

参加車両は計測順に。。。
1.06年式E91-335 吸排気ノーマル 純正交換タイプフィルター
080526-2.JPG


2.08年式ALPINA B3 Biturbo
dixis SSC&フルチタンマフラー、スーパーインタークーラー、スーパーオイル―クーラー装着
080526-1.JPG


3.08年式E92-M3 吸排気ノーマル
080526-3.JPG


4.08年式E90-335 純正交換タイプフィルター
080526-4.JPG


5.07年式E90-335 センター&リアマフラー装着
080526-5.JPG


6.06年式E90-325 ラムエアー、プラズマ、センター&リアマフラー装着
080526-6.JPG


7.私の07年式E90 基本はノーマルなはずですが(^_^;)
080526-7.JPG


8.06年式E90-323(LH) 純正交換タイプフィルター&リアマフラー
080526-9.JPG


9.06年式E90-323 
ダイレクトインテーク、323ドーピングキット、センター&リアマフラー装着
080526-8.JPG



結果発表の前に今回は以前にRENTALさんたちがパワーチェックを行った場所と同じであることから補正値を同じ1.15にして計測値を出しました。
補正値を考えない数字は単純に各数値を1.15で割り算した数値になります。
補正値をいれた理由は以前のRENTALさんのBlogを参照してください。
一般的にローラー式の測定器より、今回行ったダイナパックのほうが数値が厳しいということも念頭に入れてごらんください。
1.06年式E91-335 
 最大出力339.4PS 最大トルク43.9kg/m

2.08年式ALPINA B3 Biturbo(記録画面がピンボケで正確な数値確認中です) 修正しました。
 最大出力452.1PS 最大トルク66.5kg/m(SSC ONの状態) 
 最大出力434.0PS 最大トルク63.7kg/m(SSC OFFの状態)

3.08年式E92-M3
 最大出力386.7PS 最大トルク41.8kg/m

4.08年式E90-335
 最大出力351.4PS 最大トルク48.5kg/m

5.07年式E90-335
 最大出力353.1PS 最大トルク48.4kg/m

6.06年式E90-325
 最大出力199.0PS 最大トルク27.9kg/m

7.私の車(^_^;)
 最大出力411.0PS 最大トルク60.7kg/m(SSCU ONの状態) 
 最大出力353.9PS 最大トルク48.8kg/m(SSCU OFFの状態)

8.06年式E90-323
 最大出力186.8PS 最大トルク24.4kg/m

9.06年式E90-323
 最大出力178.4PS 最大トルク25.2kg/m(ドーピング後)
 最大出力156.7PS 最大トルク21.8kg/m(ドーピング前)

今回はどのような結果が出ようとも数値については公開しようと参加者皆さんと話していましたのですべてを公開いたしました。
しかし、E92-M3のお車は以前RENTALさんたちが行った数値430PS(補正後)に到底及ばないことや、同じ323でもドーピング云々の前の数値が他の323に比べて異常に低いことなどちょっと首をかしげるようなことも多々ありました。

計測中のALPINAは凄かったです。画像にある排気ガスを受け止めるダクトが排圧で吹き飛んでいきました(^_^;)
その動画を取り損ねたのが心残りです。
ATの場合2速で計測するのですが、ALPINAはSSCのON/OFFにかかわらず2速ではエラーになって計測できず3速での測定となりました。
私の車の数値もSSCUOFFの段階では2速で357.8PSを出しましたが、ONにして計測したところエラーとなって全く測定できず3速にしてOFFとONを再度計測しなおしたものです。
これだけでも数馬力違うので、測定はあくまで個々の楽しみと参考といったものに考えていただくのがよいと思います。

とにかくターボ車のパワーはコンピューターによってあっという間にとんでもないことになるということだけは数値からまず間違いないことはわかりました。
dixis SSCU装着により、パワーで57.1PS、トルクで 11.9kg/mのアップでした。すでに体感できていたので数値のアップについてはそれほどの驚きはありませんでした。
それにしても第二触媒ストレートチタンマフラーとスーパーインタークーラー、スーパーオイルクーラーを装着した青い悪魔号の数値(最大出力 401.4PS 最大トルク59.2kg/m)を若干ではありますが上回ったことになり恐るべしSSCUという感じでしょうか。。。(^_^;)
いずれにしても、どんなにパワー、トルクがあっても車は速いということではないということを先日の筑波サーキットで充分わかりましたので、今後はドラテクでも磨くことにします(笑)
今回の結論としてはダイナパックはターボに優しく、NAには厳しい。。。
さてこの結果を皆さんはどうとらえるか、自問自答に入ってください(^_^;)

BMWの場合左ハンドルのほうがタコ足の形状がスムーズなため左ハンドル車のほうが馬力が上がるのではとか、まだまだ比較してみたい車種がたくさんあります。
また企画いたしますのでさまざまな車種での力自慢のご参加をお待ちしています。
SMGも問題なくできるそうですよ!!
M6運団の方々、是非(笑)
参考までに私のデータを。。。(3速での測定です)
080526-11.JPG



このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 
posted by E90Life at 00:00 | Comment(88) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

決断の真相は。。。

080504-1.JPG


たった今男の決断を何名かの友人に祝っていただき帰宅いたしました(笑)
REDHOT製 dixisSSCU(スーパーサブコンピューター 2)を本日装着いたしました!
335のパワーに満足していたことや、早くやりたかった足まわり等があったため後回しになっていたSSC(スーパーサブコンピューター)でしたが、RENTALさんが135にさらに進化した最新のSSCUを装着されてもしや335にも装着できるのではと、問い合わせていたところとんとん拍子に話が進み装着となりました。
装着当日は335用SSCUがいまだ正式リリースされていないこともありREDHOT代表Y氏自らが関東地区代理店のBitteさんにいらしていただき装着となりました。
現在私の車も含め数台の335へ最終試験装着を試みており、正式リリースまではもう間もなくとなっているようです。
当日はBitteさんもGW中の休みでありながらN氏の御好意により緊急オープン。。。
080504-3.JPG


Y氏が作業を開始します。
080504-5.JPG


E90の心臓部分が開かれます。我が子の腹を切る心境でした(爆
080504-6.JPG


Y氏、BitteマネージャーN氏のコラボ作業によって装着を進めていきます。
080504-7.JPG


SSC、SSCUともに便利なのはON/OFFのスイッチがあることです。
スイッチはグローブボックス内に設置です。
我が家はWifeも普段普通に乗りますから。。。(汗
今回のSSCUからは走行中にもON/OFFが可能となったようです。
080504-10.JPG


先日RENTALさんより譲り受けて装着したラムエアーシステムのdixisステッカーが装着に恥じないものとなりました(笑)
これぞ、Bitte&dixisの配列まで揃ったコラボ装着風景です!
1時間程度であっという間に装着完了です。
080504-8.JPG


装着を待つ間には、ショップが休みなのに情報漏えいのため数名の方々が。。。(爆)
先日雨のため納車オフミを行えなかった、世界で1台の4駆E92-M3オーナー様(もう改善済みです)なども来られました(謎爆)
080504-4.JPG


今回のSSCUにはUSB接続ができて、ネットを通じた設定も可能となるようです。
080504-2.JPG


Y氏、N氏の試乗を終え、私とSSCを初期の段階から知り尽くしたRENTALさんに同乗していただき再び試乗に。。。
コンピューター系のチューンといえなかなか踏ん切りがつかなかったSSCUの装着でしたが驚きの結果です。。。
はっきり言って、ベタ踏みできません(汗
2000,4000回転辺りでの加速が完全に別物です。。。
RENTALさんいわく、以前のSSCよりトルクの感覚や加速はかなり変化があるそうです。。。
Y氏いわく一番の特徴はブーストの安定感、装着事態の安定感が格段に良くなったそうです。
私の第一印象:『車ってあっという間に大きく変わるんですね〜。。。』(笑)

そうそう、頼んでないんですが↓の物も一緒についてました(汗
SLD(スピードリミットキャンセラー)って言うそうです。
何なんでしょうかね?!(爆汗;
080504-9.JPG



今回のお話を進めてくださったRENTALさんをはじめ関係者の皆様、休日にもかかわらず作業、準備等ありがとうございました。
これからは法定速度遵守、安全運転につとめます。。。(自爆
さてと、明日までの休みなのでアクアニュルにでも出かけてくるとしますか。。。(汗;

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 
posted by E90Life at 00:00 | Comment(74) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

Ignite REV for 335 & E90系トラブル情報♪

080504-3.jpg


私にとってのGW初日はIgnight REV装着で始まりました。
320に乗っている際にはプラズマダイレクトを装着していて、その効果を確認していたので335にもと考えていました。
ところがプラズマダイレクト335用はお高い。。。(^_^;)
そこでお友達の中にもかなり装着されている方が多く評判のいいIgnite REVを装着できないかと考えていました。
現在335用のREVは製品化されていませんでした。
アクセスさんに相談したところ販売元であるオートリファインさんや製造元のTM WORKSさんのご協力により335用を特注で制作していただけることになり今回の装着となりました。
まずはマイクロフィルターのカバーやエンジンカバーを外して、純正のものからREVへ。。。
080504-4.jpg


サクサクっと装着です。作業は1時間もかからなかったと思います。
080504-6.jpg


080504-5.jpg


で、アクセスさんではピアノブラック好きな私には興味深いものを発見。。。(笑
M3のグリルなどのメッキ部分をピアノブラック塗装にしたそうです。
アルピンホワイトのお車にはいい感じの仕上がりでした。
080504-1.jpg


080504-2.jpg


さて、REV装着直後の感想。。。
なんかエンジン音?!マフラー音?!が静かになった。。。。?? 何で?!
とにかく走らないと実感できないので無性に走りたくなりました。

タイムリーにお友達らの箱根闇練情報をキャッチしたのでいったん帰宅し、家庭の用事をすませ集合時間には遅れながら闇夜の御殿場に到着(笑
そこはmsano7さんのホームコースです。
080504-10.jpg



私自身3回目でした。2,3速で走行する場所なのでREVのもっとも利点と言われている中、低速トルクがどんなものか感じ取ることができる場所でした。
結論から言いますと335にあるちょっと暴力的な吹けが滑らかにスムーズに回るような気がしています。
コースを2,3セット走りREVの装着は間違いなく正解だと感じました。
音が静かになったと感じていましたが低速からのより滑らかな吹け?!のためなのか。。。。
ただ明け方帰宅する頃には以前と一緒。。。かも、なんて思っちゃいましたが(爆)
080504-7.jpg


闇夜のアルピンなseaside号だけはまともに撮影できましたが、ルマンブルーなmsano7号や、スパグラのshin号&ブラックサファイアは全くダメダメでした(^_^;)
080504-8.jpg



REV装着直後からオンボードの燃費をリセットし昨夜から220kmほど走行しましたが6.8km/lは以前と変わらずでした。
ただ、山で2,3速で走ったのでそれを考えればいいかもしれません。
このガソリン高騰の時代ですからすこしでも燃費にも効果があればうれしいのですが。。。

決断の日Xデーはいよいよです。。。(謎)

【E90系トラブル情報】
ここに記載するとBMWジャパンさんのフォグの在庫が一気になくなりそうなんで悩みましたが公開いたします(笑)
こんなとこどうでもいいって方はスルーしてください(笑)
画像はM-Spoのフォグライトです。
すでに私の車は新品に交換しましたが、昨晩の4台中3台が画像のような状態に。。。
フォグの中の反射のための銀色部分に錆?!、塗装の不具合?!でブツブツに浮き上がっています。
一度フォグライトの中を覗き込んでチェックしてみてください。
非M-SpoならびにBMW多車種でも同じ状況があるかもしれませんね。。。(^_^;)
車種、年式でどうだったとかの情報を頂けるとありがたいです。
以前お友達の車ではE90のヘッドライトの銀色部分に同じ症状が出ていたことも付け加えておきます。
なお、非キセノンフォグ車でも確認していますので、キセノンフォグ装着には一切関係がありません。
080504-9.jpg


このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 
posted by E90Life at 16:07 | Comment(42) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

メンテナンス♪

080414_5.JPG


昨日は総走行距離が6,000kmを超えていたこともあり、オイル交換にアクセスさんにうかがいました。
今回もEF50mm f/1.8の単焦点レンズのみで全て撮影してみました。
新店舗になってから一度うかがっていたのですが、その際にはALPINA-B3乗りなhideさんとの待ち合わせでほとんど試乗をしていただけで、ゆっくり伺ったのは初めてでした。
オイルはあんまりこだわるタイプではないので比較的評判の良いパワークラスターBASIC(0W-40)を選びました。
その後ピットも比較的すいていたのと3Dの車高調を装着してから1,000km程度走行したのでアライメントの調整を行っていただきました。
用賀のお店にはなかった機材、装備が備わっていました。
080414_3.JPG

080414_2.JPG


080414_4.JPG


作業中は出口?!のことで大○保さんとご相談したりしておりました(謎)
出口?!の件、よろしくお願いしますね♪

作業終了後店を出た瞬間にオイル交換の成果か吹け上がりの違いを感じることができました。
ただ鈍感な私は帰宅する頃にはもうなんだかわからなくなっていましたが(笑
335ではこれが初めてのオイル交換なので他のオイルとの比較インプレは全くできませんのでご了承ください(笑)
もともと私は鈍感なんで多分何を入れても大きな違いを感じることはないと思いますが。。。(自爆)
それとは別にアライメントの効果は感じ続けられました。ちょっと高速等で微妙なブレを感じていたのがピタっとおさまりました。

アクセスさんには橋本コーポレーションさんのデモカーE92M3がきていました。
このお車は昨年のファミリエで一度見ていましたが、ランンボドアが凄いです(^_^;)
仕組みをじっくり観察してみました。
ドアをあける際にはいきなり上にあがるものだとばかり思っていましたがそうではなかったです。
まずは普通のドアのように開きます。実はこの程度で乗り降りすることが可能なんです。
080414_6.JPG


その後ドアを上に引き上げるようにしていくのです。
お目立ち度200%ですよ。E92/93のアナタやあなた、如何ですか〜(爆)
080414_7.JPG


ドアのステー?!は流石は橋本コーポレーションさんです。kwの代理店でもあるのでステーのショックはkw製だそうです(^_^;)
080414_8.JPG



とってもメンテな1日でした。その後ちょっとディーラーに。。。(謎汗)

【今日のおまけ】
アクセスさんの看板の向うに緑の看板。。。。
E・ライフ(株)と書いてあるようですが、気になります(爆)
080414_1.JPG


このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 
posted by E90Life at 00:00 | Comment(40) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

DNA継承ラムエアーシステム!

080403-1.jpg


桜も満開で、今年は強風もなく連日好天気で何故か激務が続いております(汗;
さて、リニューアルを公言しましたので随分久しぶりですがリニューアル後初めての記事を書いてみました。
そんな中、天からのご褒美か1週間ぶり以上に車を車庫から出してボンネットを開けてみたら・・・・
なんだかカーボンパーツだらけに(喜)
080403-3.jpg


オリジナルはちょっと殺風景でした・・・
080403-2.jpg


GruppeMラムエアーシステムとか言うらしいです(笑
320の時にも装着していて効果はわかっていましたので、いつかはと思っていましたが335用はとっても高価で手が出ませんでした。
そんなあるとき天からのお声が。。。
そうです、RENTALさんがE92-335をお乗換えになるとの情報を察知し、秒殺でゲットいたし
ました(謎爆
ほんと激務で桜が満開なのにカメラのシュギョーもできません。ですので今日はラムエアーシステムの画像をたくさん載させてください(笑)
今回はEF50mm f/1.8の単焦点レンズのみで撮影してみました!!
080403-4.jpg


080403-5.jpg


080403-6.jpg



青い悪魔号からのDNAの継承でした!! 
クォーンクォーンクォーンと叫んでおります!!
RENTALさん、どうもありがとうございました。
dixisステッカーは何も装着パーツがないんでちょっと恥かしいですが(汗;
しかし、こんなに忙しいのに一体いつ装着されたんだろう。。。。(謎爆)

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 

posted by E90Life at 00:00 | Comment(70) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

4本のパイプ...(汗;

今日は短編小説風に。。。
車はみなとみらいから第三京浜港北インターに向かっていた。
到着した場所はINS-SPORTさん。
071124-1.jpg 気が付けば4本のテールパイプ
 トリム?!が装着されていた(汗;
 どうもARQRE〇とか書いてある
 ようだ。。。

071124-2.jpg 手際よく作業も完了!
 ただ画像のようにディフューザー
 を装着できず。。。
 なぜなら純正ぱっけーじ?!に
 含まれるcfなシングル用
 ディフューザー
が既に装着され
 ていたためのようだ。。。(汗;

INSさんではしばしこの4本テールパイプトリムと黒いトリムの前オーナーであったゆうじさんらと歓談。。。
ゆうじさんは少し前まではE91-335のオーナーであった。
ゆうじさんのE46-M3。E92/93純正オプションの19インチを履いたE46-M3は国内にいるのだろうか。。。
リアのみ10mmスペーサーでパツパツのいい感じ。。。
071124-6.jpg 071124-7.jpg

その後、車は事故車のような状態のまま用賀方面に向かった。。。
で、気が付けば。。。。(汗;
071124-3.jpg 071124-4.jpg

071124-99.jpg

一度はいい焼きの入ったテールパイプトリムであったが、再び焼きを入れたくなった筆者は東名高速を西に向かった。
足柄PAにて車内やトランクを整理整頓し御殿場インターチェンジへ。
時間は深夜の12時に近かっただろうか。。。
御殿場からは謎のスーパー林道に消えていったとか。。。
焼きを入れたくともチーム3500回転は結構辛い(汗;
いくつものヘアピンをクリアーしながら立ち上がりは全開。。。とはいかない(泣)
画像は深夜の芦ノ湖スカイライン某所からみた富士山。神秘的だ。。。
071124-9.jpg

そこで驚く光景が。。。
同じような共通の趣味を持った見ず知らずのE90乗りが3台も。。。(汗;
深夜の芦ノ湖スカイラインは-2度。
皆初対面であり寒さもあり口数は少ない。。。
しかし、言葉は要らない。。。。
BMW、E90という車が答えてくれる。そして気が付けば誰かがカメラを取り出し撮影が開始された。。。(笑)
ガラスのハートは。。。(汗;
071124-10.jpg

その後見知らぬ4台はアイコンタクトと妙な通信機で御殿場の街に下りていった。。。
帰宅するころには夜が明けそうだった。。。。
そして今日は仕事。。。
眠い。。。。。
自爆。。。

テールパイプのレビューはどこかで(謎汗;)

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 


posted by E90Life at 00:00 | Comment(68) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

ラムエアー?!プラズマ?!マフラー?!

昨日は子供たちと川原で遊んだり、キャッチボールしたりで筋肉痛です。
慣れないことをするもんじゃありませんね(笑)

071015-1.jpg さて、先日GuruppeMラムエアー
 システムとプラズマダイレクト、
 REMUSマフラーを同時に外して
 純正に戻しました。
 帰り道に驚くほどフィーリングが変わ
 りました。
 まずはト〇タの高級車に乗っている
 かのように静かになったこと、それ
 ともっさり感?!がでたこと。
 感覚的にエンジンの吹け上がりが
 悪い感じで遅くなったかと錯覚させられるほどです。
第三京浜を東京方面からきて保土ヶ谷料金所を越え全開!
ここでは排気量と馬力のある車に到底ついていけませんが、その先の首都高速にむかう緩やかなコーナーが続く部分やトンネル内はパドルスイッチを駆使して3速ホールド。
私の車は3速が一番美味しいところでいい感じのうるささと、まわりっぷりも良かったんです。
ところがその騒々しさも、3速での力も今ひとつ感じらなくなってしまいました。

071015-2.jpg ラムエアーシステムとマフラーは
 同時に装着しました。
 その後プラズマでしたがどれを装着
 した時にもそれほど違いを実感する
 ことはできませんでした。
 しかし、外した時にわかるん
 ですね。 驚きました。。。
 
どれがどう作用したかはわかりません。 ラムエアーも吸気の音があんまりわかっていませんでしたが、高回転で明らかに”なるほど”って感じです。

ただし一番怖いのが音による錯覚。。。
車内へのエンジン/吸・排気音は感覚的に1/3ぐらい減っている気がします。
この『大きな音』で、なんか速いんじゃないかって錯覚させられていたのかもしれません。。。
このあたりを加味して今日の内容は半分程度に読んでください(笑)

×デーまであと〇〇日!!

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います クチコミblogランキング TREview
banner_01.gif 
posted by E90Life at 00:00 | Comment(62) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

TRECのインプレッション♪

正式告知は今しばらくお待ちください♪

trec-brm.jpg
先日の箱根この方の335クーペを試乗させていただきました。
目的は画像のTRECです。
HSB(ハイパースプリントブースター)の制御ができるタイプと考えたら良いかと思います。
HSBは鈍感な私でも、すぐに違いを堪能できました。
しかしながらHSBはON/OFFの切り替えができないことや、効き方は一定のレベルでしか行えないという欠点があります。
そのため低即時の車庫入れやコーナーでのアクセルワークに気を使わなければなりません。
特にハイパワーな335などではそう思われることでしょう。
070809-1.jpg
このTRECはアクセル踏み始めのレスポンスの悪さ、加速時の息つき感を完全に解消するためのものでスイッチ一つで、ON/OFF及び効き方の微調整がダイヤル一つで可能となります。
早速ターンパイク御所ノ入駐車場から大観山への登りを試乗しました。
出だしのアクセルの付のよさはHSBと同じ感触です。コーナーでも妙なキックダウンや変な挙動はありませんでした。
何度もON/OFFを繰り返しながら上り坂を駆け抜けてみました。
しかし、私は普段から335の車に乗っているわけでないので、通常のキックダウンのタイミングガ良くわかりません。
おまけに335のパワーはターンパイクの登りをアクセルちょい踏みでいとも簡単に登っていくので、このパーツのありがたみが良くわかりません(汗;
ちょっときついのぼりでもス〜とアクセルを踏み込めばキックダウンして、何事もなかったかのように335は登っていきます。
335オーナーならこのキックダウンのタイミングがTREC装着によって速いとか遅いとか色々わかるんでしょうが、いかんせん普段から乗っている車は320でして...(汗;
ターンパイクはアクセル全開ベタ踏みで上がっていく場所だとしか思っていませんから(自爆)
というわけで、あんまりインプレッションにはならなかったというのが本音ですが、馬力のない320などにはこのパーツはかなりお勧めかと思います。
効果の制御やON/OFFができるためにハイパワーな335などにも効果的なようです。
TRECのインプレというよりは335クーペのインプレになってしまった感はゆがめません。次回ターンパイクではM6の試乗インプレをしてみたいですあなた!(爆)
慣らしを早く終えてください(笑)
まっさんのTRECに関するインプレはこちらです。

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(45) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

カーボンエンジンカバー登場♪

嫁ぎ先を探していたG7−19インチホイールが本日引き取られていきました。
SH様、ありがとうございました。乗り心地は如何ですか?!
他にも数名の方より引き合いをいただいておりましたが、申し訳ございませんでした。
今週の土曜日までに嫁ぎ先が決まらなければ、25日花見オフのサプライズ景品に提供したのに残念でしたネ、こーちゃん(嘘爆)
SH様、早速装着されました。いつ見ても素敵なラインのホイールですね♪
大事に使用していただけるとうれしいです。
070321-3.jpg


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
さて先日お伝えしたカーボンボンネットに続いてカーボンエンジンカバーの登場♪
ただしE90/91-6気筒用。激シブですね〜...
ちょっと以下の画像で気になったのがエアクリボックス。画像はアメリカのE90-6気筒のようだが日本仕様のと違いますよね?!
070321-1.jpg


070321-2.jpg



気になるお値段は US$299.00 とまずまずな設定。
こちらも人柱いらっしゃいませんか...(笑)

参照記事:E90Post.com

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(42) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

カーボンインテークどれも一緒?!

ちょっと急な海外出張が入りスケジュールの調整でばたついています(汗;
070125-1.jpg
久しぶりにFame!というパーツ専門サイトを除いてみたら、E90-323/325用のカーボンインテークが出ていた。330用とはなっていないのは不明だが??
ラムエアーシステムならば335を除く6気筒用は共通なはずだが...
この形状のためだろうか??
ただの記述ミスで実は4気筒用だったり??
私自身このサイトで購入したものはないが、面白いものが比較的お手ごろな価格で出ていることがあるのでたまにチェックすると良い。

070125-2.jpg
←画像はちょっと前に大○保さんが紹介されていたものだが、同じ物?!
たしか画像のものは4気筒専用で、6気筒用もあるとか?!

070125-3.jpg
これはヤフオクに出ているタイプ。
こちらは4気筒専用との事。
この3つはどれも同じもの???
私が使用しているラムエアーシステムより吸気音が大きそうなデザインに見受けられるが実際は如何なものだろうか・・・
車のパーツもブランドのバックと同じで、メーカーがあまり知られていないとなかなか装着される方は少ないと思うが、どなたか人柱宜しくです(笑)

以下業務連絡です。
yasさん、このラムエアーでどのくらい走りましたか?!
私が多分10,000km弱だと思いますが、合算するとそろそろフィルターを清掃か交換しないといけないかと思ってます。

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(32) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

オイル交換完了♪

060910-1.jpg
昨日はみなとみらいオフの景品で頂いたオイル交換をするために、アクセスさんへ。
頂いたオイルはFUCHS。阿部商会さんからのお品。申し訳なかったのですが銘柄を知りませんでした。(汗)
もうすぐ10,000kmで初めてのオイル交換。
交換した感触は少しスムーズにエンジンが回るようになった気が...
今日の箱根でじっくりと確かめることにする。

060910-5.jpg
昨日は私のBlogにもコメントを下さるひろぴーさんともお会いする目的もあった。
こちらは、足回りを含め一気に色々と...
足は黄金色(黄色ではなく)のものでした。(謎)
詳細はご本人のBlogで公開されるでしょう。
またお会いしましょうね、ひろぴーさん。ミチノクかな...(笑)
それ以外にも、誰かがちょっと探していただいていたパーツがたまたま届いたかな?!(謎)

060910-6.jpg
コレ、いったいなんなんでしょうか?!
なんか結構いいものらしいのだが、ミチノクまでにはつけますって。
お値段聞いていないんですが、きっと安いんでしょう。
エンジンにでも装着してパワーが上がれば、東北道もさぞ楽しいことだろう...(謎 謎)

060910-4.jpg
そうこうしていたら、E91乗りのアイドルママ登場!!
アイドルママほぼいじりは完了していると思いきや、ホワイトリングとキセノン、ブラックラインテールが未だのようで、とりあえずサクット在庫のあったホワイトリングとキセノンを大人買い!!
普通順番逆じゃないですかね...(汗)
結構遅くまでいらっしゃいましたが、怪獣君(お子様)たちの晩御飯はどうしたのでしょうか...(滝汗)
次は335のエンジンに載せ換えるとかという噂もチラホラ...(爆)
何処まで進むアイドルママ...
ちょっとしたプチオフでしたね、ゆうゆうさん。またお会いしましょ!!
そういえばオフで検問所をお勤めになった方、いつのまにかミュージシャンになられたようですね。
置いてありましたよタイコ....(謎)
謎のパーツ話は如何に...つづく

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(34) | TrackBack(1) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

マイクロフィルター交換

最近エアコンの噴出し時にヒュルヒュルと音がすることがしばしばあった。
E46では音がし始めると、風量調整をしなくても突然風量が異常な動きをするようになっていた。
こうした際には間違いなくマイクロフィルターの交換で直った。
当時のSFWでは、この部品も無償交換対象であったのですぐに交換してもらっていた。

060804-3.jpg
残念ながら今の簡素化されたSFWではこれは実費!しょうがないので昨晩ディラーにて購入してきた。
パーツNo.6431 6962 549
4,200円。
画像のフィルターは新品ではなく、交換したものだ。
バラシの名人chandraさんが以前この部分を清掃されていたので、交換方法はこちらの記事を見ていただきたい。

060804-1.jpg
フィルターケース毎外すと、ごらんのような状態。
先日プラズマを装着した際にもこの部分は外されて、フィルターを見てみたらかなり汚れていた。

060804-2.jpg
上段がこれまで使用していたもの。下段は新品。こちらの面は外気を吸い込む部分で裏側は使用していたものでもまだ綺麗であった。
結構な汚れとホコリ...

060804-4.jpg
アップで見ると汚れ方もよくわかる。
ホコリや空気中の浮遊物みたいなゴミが目詰まりを起こしている。
1年点検も既に終了しているが、その際には交換されなかったが、やはり1年に1度くらいは交換したほうが良さそうだ。
納車後そろそろ1年という方、又は過剰に走行している方、一度チェックだけはしてみたほうが良いだろう...
次はラムエアーシステムのキノコ(エアークリーナー)を清掃しなければ...
yasさんカーボンパーツに傷つけないバラシ方教えて...もう手遅れだけど(爆)

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(32) | TrackBack(1) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

お中元?!が届いた...

20060728-1.jpg
昨日帰宅してみると、BMWジャパンから小さな封書が届いていた。
以前アンケートに答えた際の粗品のようだ。中身はBMW Sauber F1 Teamのキーリング。
箱の裏にはホログラムも入っていた。
20060728-3.jpg
そして本日、所用があり日中自宅に帰ってみると宅急便の不在票がポストに入っていた。
すぐにドライバーの携帯へ電話したら、まだ近くにいたためすぐに箱をゲット。
都筑PAオフでお会いしたseasideさんからのようだ。一体なんだろう...
まだ一度しかお会いしていないのに、お中元なんか頂いてしまっては困っちゃうな...(笑)
20060728-4.jpg
箱を開けてみると、ステアリング!
え、まさか130AT用のパドステ...ドキドキ
申し訳ないな...
いや、待てよ。よく見ればパドルなんかついていない。
20060728-5.jpg
コブのついた、モチモチ感のあるM-Spo用のステアリングであった。
え、私は既にヤフオクでM-SPo用のステアリングはゲットして交換も完了している。これ、どうしよう?!
ヤフオクで売っちゃうか、ほしい方へ譲ろう...
20060728-6.jpg
よく見ればもう一つ青い箱が...これは何?!
××ダ○○○△○トとか書いてある。
箱の中身は明日以降のお楽しみということで...
seasideさんは最近320DPから323M-Spoへ買い替えなされ、本人曰く320の時に装着した”不良債権処理”をお考えになっていて、はげたか軍団(私とkazuさん)が4気筒でしか使用できない不良債権を買いあさったというのが事実である。
kazuさん、早くとりに来ないとヤフオクで売っちゃいますよ...(爆)
seasideさん、梱包も完璧で大事に使われていたことが伝わってきます。
ありがとうございました。
ところで青い箱、どうやってつけるんだろうか...(汗)

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

アクセル全開!

ホイール/タイヤを交換してから、たいした距離を走っていなかったため、体がうずいていた。
昨晩は、無性に走りたくなりいざ首都高へ。
         <↓クリックすると拡大します↓>
20060710-1.jpg
大黒PAまで走った後、本牧三渓園を抜け幸浦方面へ。
軽快な足取りと共にアクセル全開!
ぐんぐんと加速は続く。
気が付けばメーターはレッドゾーン。まだまだ...
20060710-2.jpg
メーターを振り切る直前で、前方を妨げられた。
これぐらいの高回転になるとラムエアーシステムもはっきりと判る働きをしている。、4気筒もなかなかのものだ...

というのは、冗談で...(汗)
こんな速度4気筒で出るわきゃない。2に近いところまでは出てたような気もしないではないが...(大汗)
これは、停車時のことでE87-130ATオーナーのBimmer's MachineさんのBlogで最近紹介されていて、E90では「匠」のBlogでも紹介されていいた。
詳しい操作方法は、各自自己責任の下お二人のBlogを参照願いたい。
少々おとなげない速度で走行した感想だが、ホイールや/タイヤのことよりラムエアーシステムがいい。
5,000回転を越えたあたりから肌で感じる働きをしてくれている。
但し低速時では、逆効果の部分も...
 ・街乗りメイン/高速でも飛ばさない方;  
   コストの高いシステムですから、購入はやめたほうが良い。
   低即時では抜けちゃう感じがあり、純正のほうがベター。
   それでも興味のある方は、低コストなK&N純正交換タイプも発売されて
   いるので、そちらをすすめる。

 ・峠を攻めるあなた;
   必要ないでしょう。ね、「匠」

 ・高速でガンガン飛ばしたいあなた;
   購入を考えよう。低速時のことは捨てて考えるように。
   ぱっと気がつく人は、JUNさん(1人の時だけね)、そして以前大黒PAで夜の
   コソミを行った際の帰り道、アクセス大○保さんのE60-530とバトルを繰り
   返していたmitsuさん、あなた方には必要かと...(笑)

20060710-3.jpg
人から聞いた話だが、きのこ型のフィルターが隠されているカーボン部分(画像赤矢印)に冷えピタシートを貼りまくればさらに2馬力UPらしい...(爆)
何でも、吸入される空気が冷却されエンジンにはよろしいとか...(笑)
昨晩はまだ、アライメントも取っていない状態だが、今のところ満足のいく高速安定性も確認することが出来た...

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います
banner_01.gif
posted by E90Life at 00:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | エンジン周り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。